墓石磨き

お墓のデザインはどのようにして決めているの?

お墓を立てる際には、まず石材店に問い合わせをします。
打ち合わせをし、石を選び、石が入荷されたら文字の彫刻をします。

打ち合わせでは、墓石を立てる場所の広さなどを確認します。
外枠や墓石のデザイン、お墓が出来上がったときの墓石の高さなどを見積もります。
墓石のデザインなどの希望をしっかり伝えるようにしましょう。

打ち合わせ後には、お墓が完成したときの予想図というのを作成してもらうことができますから気に入らない部分があったり、デザインを修正したい場合などは石材店の方に伝えるようにしましょう。

墓石のデザインって、とても迷ってしまうものですよね。
墓石の種類もとっても豊富にありますからご家族などとしっかり話し合って決められてはいかがでしょうか。

お墓は、一生のうちに何度も何度も立てるものではありませんよね。
お墓を立てるということは、ほとんどの方が一生に一度だけですから
デザインもしっかり考える必要があるのではないでしょうか。

宗教によっては、お墓のデザインなどに一定の決まりがある場合もあるようなのですが一般的には、デザインはこうしなければならないという決まりごとはありません。
和風のお墓を立てる方が多いかとは思うのですが最近では、洋風のお墓を立てる方も増えているようです。
和風のお墓のデザインというと縦長の墓石に「○○家」などと彫刻されていることが多いですよね。

しかし、縦長の和風のお墓というのは高さがありますから地震のときなどに倒れてしまう可能性がとても高いのだそうです。
洋風のお墓の場合は、高さも低く横長のものですから地震などで倒れてしまう可能性はほとんどないそうです。
墓石に彫刻する文字のデザインも自由に決めることができます。

文字にもいろいろなタイプがありますよね。
行書体や楷書体などから選ぶことができます。
「○○家」や「○○家之墓」などと彫刻されていることが多いようですが「ありがとう」「愛」「また逢いましょう」などメッセージを彫刻されているお墓も多く目にします。

Copyright(C) 2013 大事な方を守るもの All Rights Reserved.