墓石磨き

お墓を英語ではなんと発言しますか?

「お墓」は、英語で「grave」と言います。
「お墓参り」だと「visit to a grave」です。
「お墓参りに行く」は、「To go and visit a grave.」です。

日本とお墓とアメリカのお墓を比べてみるといろいろな違いがあることを知りました。

日本では、家族で一緒にお墓に入ることが多いですよね。
先祖代々のお墓を持っていることが日本では多いのではないでしょうか。

一方、アメリカでは個人で埋葬されることが一般的なようです。
日本では、お墓が一箇所にあることが多いですから家族みんなで同じお墓にお参りに行くと思うのですがアメリカでは、「祖父のお墓は○○州」「祖母のお墓は○○州」など家族でも離れた場所にお墓があることが多いようでお墓参りやご先祖様のご供養もとても大変なのだそうです。
また、日本では生花をお供えすることが多いかと思うのですがアメリカでは造花をお供えすることが一般的なようです。

アメリカでは、ご先祖様のお墓を探すためのサイトがたくさんあるようなのですが自分のご先祖様のお墓がどこにあるのかあまり知らない方が多いということなのではないでしょうか。
「○○州」と「○○州」と「○○州」にお墓があるとなると、全てのお墓を把握し子孫にしっかり伝えていかなくては途中でどこにお墓があるのかわからなくなってしまいそうですよね。

生前に有名だった方ですと、お墓ではなく肖像を立てるということもあるようなのですがとても高額なお墓になってしまうようですから一般的にはあまり好まれないお墓の立て方ですよね。
アメリカは、国土もとても広大ですから家族がいろいろな場所に散らばってしまうことも多いようでお墓参りをしたり、お墓のお手入れをするということがとても難しいようなのです。

日本ですとお盆にご先祖様のお墓参りをするという習慣がありますよね。
ご先祖様のお墓が遠い場所にあるとなかなかお墓参りをすることはできないかと思うのですが年に一度だけでもお盆のときだけでもお墓参りに行こうという気持ちが日本ではあるかと思います。
しかし、アメリカではお墓参りをするという習慣はほとんどないのだそうです。

Copyright(C) 2013 大事な方を守るもの All Rights Reserved.