墓石磨き

お墓に納骨した骨壷の並べかたはどうしたら良い?

仏教において「納骨」というのは、正式には「納骨法要」と言います。
お墓にご遺骨を納めるという儀式のことです。

納骨が行なわれる日なのですが一般的には、お墓を持っている場合は49日に納骨が行なわれることが多いようですね。
納骨の際には、ご家族のみなさんがお集まりになることが多いかと思うのですがご家族のみなさんが集まりやすいように土曜日や日曜日などに納骨が行なわれることが多いとされています。
これは、地域によって違いがあるようなのですが亡くなられてから3ヶ月をまたいでしまうことが懸念され49日よりも前に納骨を済ませてしまうという地域もあるようなのです。
また、お墓を持っておらず立てるところからされる方の場合は49日に納骨するということにはこだわることなくお彼岸の日であったり、初盆や1周忌の日に納骨をされる方もいらっしゃるようです。

納骨をする当日までには、納骨の際に必要なものを準備しておく必要があります。
まずは、新しく納骨される仏様の戒名などを墓石に彫刻する必要がありますから霊園や石材店に連絡する必要があります。
また、納骨の法要をお願いするためにお寺様にも連絡をする必要がありますよね。

納骨の日取りは、ご家族で検討することが良いと思いますからご家族のみなさんが集まることのできる日を決めておくことも必要です。
納骨の日取りが決まりましたら再度、霊園に連絡をし、納骨の際のサポートをしていただけるようにお願いしておくと良いでしょう。
納骨をする以外にもお供え物などを置くための供物台などを準備していただけるのです。

一般的には、ご家族や兄弟、親しいご友人など少人数で納骨を行なうことが多いかと思うのですが納骨に参列していただく方々に納骨の日時などしっかり連絡をしておく必要があります。
納骨の数日前までには、お花・ロウソク・お線香・お供え物など必要なものをしっかり揃えて準備しておきましょう。

並べ方は高位の順だとされているようなのですが

1位が真ん中
2位が真ん中の右側右
3位が真ん中の左側
4位は、2位の右側

といった順番で並べていくと良いそうです。

Copyright(C) 2013 大事な方を守るもの All Rights Reserved.