墓石磨き

お墓にある古いお骨をどうするかはどうやって決めるの?

先祖代々のお墓をお持ちの方もいらっしゃるかと思いますがご遺骨がたくさんになってしまい、新しいご遺骨を納骨することができなくなってしまったということもあるのではないでしょうか。

そのような場合は、いろいろな方法で対処することができます。
新たにお墓を建て、新しいご遺骨は新たに建てたお墓に納骨するという方法。
もしくは、古いご遺骨から順番に土に還すという方法です。

新たにお墓を建てる場合は、以前からあるお墓の近くに建てられることをオススメします。
お墓を複数所有する場合、それぞれのお墓が遠い場所になってしまうとお墓参りをする際もとても大変だと思いますしお墓のお手入れや管理をする方にとってもとても大変なのではないかと思うからです。

お墓が遠くにあることで、なかなかお墓参りをすることができないという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
お墓参りやお墓のお手入れ、管理のためにもなるべく近くにお墓がある方が良いですよね。
古いご遺骨がたくさんになってしまい新しいご遺骨が入らなくなってしまった場合全てのご遺骨を納骨するために新しくお墓を建てるという方もいらっしゃるようです。

最近では、お墓のデザインもとても個性的になってきていますよね。
ずっと昔からある和風タイプの縦長のお墓の場合地震などで倒れてしまう可能性が高いことから洋風タイプの横長で地震などでも倒れにくいお墓を建てるという方が多くなってきているのだそうです。

また、先祖代々のお墓ではなく自分たち家族だけが入るためのお墓を生前に用意しておくという方々も増えてきています。
日本では、ひとつのお墓に家族みなさんで入られることが一般的なのですがアメリカなどでは個人のお墓を所有していることが多く生前に自分のお墓を用意しておくのだそうです。
日本でも自分だけのお墓を用意されいる方も少なくはないようです。

自分が亡くなったあとも子供さんやご家族の方がお墓参りやお墓のお手入れ、管理などをすることになりますからいろいろなことを考えながらお墓を選ぶ必要がありそうですよね。
また、こちらのお墓参りのポイントについても参考にご覧ください。

Copyright(C) 2013 大事な方を守るもの All Rights Reserved.