墓石磨き

お墓と宗派の関連性はあるの?

お墓を立てるのではあれば、お墓参りをしやすいようになるべく近い場所に立てないと思いますよね。
最近では、昔ながらの和風のお墓だけではなく洋風のお墓であったり、とても個性的なお墓も増えてきているようです。

また、お墓と宗教の関連性についてはご存知でしょうか。
3つにわけてご紹介したいと思います。

@「公営の霊園や墓地」
公営の霊園や墓地というのは、都道府県や市町村が管理していますからお墓の永続性が保証されているんです。
宗教や宗派によるお墓の制限もありませんから和風のお墓でも良いですし、洋風のお墓でも良いですしご自分の好きなデザインでお墓を立てることができるのです。
しかし、公募や抽選によって当選することで取得することができるため競争率がとても高いようですね。
お墓を立てるためには、お墓を立てる場所の使用権を得る必要がありますから当選することができなければお墓を立てることはできないのです。
申し込みをする際には、ご遺骨が今現在あるということが条件のようですし墓石の大きさにも制限があるようですから全てが自由にお墓を立てることができるというわけではないようです。

A「民間の霊園や墓地」
運営や管理は、公益法人や宗教法人が行なっています。
宗教や宗派の制限は一切ありませんから、宗教や宗派に関係なくお墓を立てることができます。
駐車場や休憩所、遊歩道などの設備がしっかりと整えられていますし今現在はご遺骨がない、という場合でも申し込みをすることが可能なんです。
制限がされていませんし、常時募集が行なわれていますから取得しやすいのではないかと思います。
お墓を立てる際には、予算のことも考えなくてはならないでしょうし立てたいお墓に合わせて選ぶことのできる霊園、墓地なのではないでしょうか。

B「寺院の墓地」
基本的には、寺院の檀家となることが義務付けられていますからお墓を立てたい場合は、その寺院の檀家となり寺院を支えるために寄付をしたりお布施をしたりしなければなりません。
寺院の行事への参加を求められることも多くあるようです。
土地に限りがあるため、空いていることはほとんどないようですが寺院の墓地にお墓を建てたい場合は、問い合わせてみてください。

墓石のデザインなどもどんどん自由化してきてはいるのですが宗教によっては、決められたデザインでないと立てることができない場合もあります。
こちらのお墓を建てた方の体験談についても参考にご覧ください。

Copyright(C) 2013 大事な方を守るもの All Rights Reserved.