墓石磨き

公営墓地のお墓には使用期限が存在しているの?

公営墓地というのは、都道府県や市町村などの自治体が所有している墓地でなのですが実際に墓地を管理したり運営しているのは、財団法人などが代行で行なっていることが多いようです。
寺院墓地や民営墓地と比べてみると使用料や管理費用がとても安く、費用が安いことで人気も高い墓地ようですね。
宗教や宗派を問われることはありませんからどのような宗教や宗派の方でも申し込みをすることが可能なんです。

申し込みの際には、いろいろな条件があります。
ひとつ条件を挙げるとするならば、「現在、手元にご遺骨がある」ということです。
これからお墓を立てよう、自分が亡くなる前にお墓を準備しておこうという方も多くいらっしゃるかと思うのですが今現在、手元にご遺骨があるということが条件ですからこれからお墓に入る、という場合には使用権を認めてもらえないようですね。
そのほかにもいろいろな条件をクリアすることができれば公営墓地の使用権を得ることができますから、お墓を立てることも可能になります。

公営墓地の募集は、年に1回から2回ほど行なわれているのですが都道府県や市町村によって異なります。
一般的には1回から2回、募集があります。
地域の広報誌などに募集の内容が掲載されますからチェックしてみてください。
土地に空きがない場合は募集が行なわれていない可能性もありますし土地の空きが多ければ、常に募集を行なっている墓地もあるようです。

公営墓地を使用する場合は、管理費用を支払わなくてはなりません。
公営墓地を使用する際に使用期限が設けられることはないのですが管理費用などを滞納してしまうことで契約を解除されてしまいますから注意しましょう。

最近では、先祖代々のお墓ではなく自分でお墓を立てたい、という方も増えてきているようですね。
和風タイプのお墓は、高さがあるため地震によって倒れてしまう可能性があることから洋風タイプの横長なお墓を立てる方も多くなってきているようです。
宗教によっては、墓石のデザインが限られてしまう場合もあるようですがデザインや形状などとても個性的なお墓が増えてきているように感じます。

Copyright(C) 2013 大事な方を守るもの All Rights Reserved.