墓石磨き

お墓のお線香は何本が一番ベストですか?

お墓参りは、ご先祖様に感謝を伝えるためにも大切なことですよね。みなさんは、どれくらいの頻度でお墓参りをされていらっしゃるでしょうか。
自宅から遠い場所にお墓があるという方の場合お盆のときお墓参りをされることが多いかと思います。
お墓参りは年に数回という方が多いのではないでしょうか。

お墓参りの際には、お線香をお供えするかと思うのですがお線香の本数には決まりがあるということをご存知だったでしょうか。
一般的には、1本から2本となっているのですが正式には、宗教によってお線香の本数は変わってきます。

「浄土宗」「臨済宗」「曹洞宗」「日蓮宗」は1本「天台宗」「真言宗」は3本という決まりがあるようです。
お線香を立てるときは、まとめて立てるのではなく1本ずつ立てるのだそうです。
「真宗大谷派」「浄土真宗本願寺派」は、お線香を立てないのだそうですがみなさんは、お線香の本数を考えたことはありますでしょうか。

また、お線香にはいろいろな種類がありますよね。
塗香というお線香は、粒子が細かいものなのですが清め香とも呼ばれており、密教寺院などでお供えされていたり手や身体に塗って心身を清めるためにも使用されているそうです。
抹香というお線香は、とても細かい粉末のものなのですが長時間お線香をゆらせておくことができるものです。
常香盤や密教用具の火舎香炉などに使用されているようです。

焼香というお線香は、香木などの天然の香料が使用されているお線香です。
お線香によって香りにも違いがあるのですが香りの好みは人それぞれですよね。
ご自分がお好きな香りのお線香を選ばれると良いかと思います。

どのお線香を選んだら良いのかわからないという場合は、値段の安いお線香から数種類お試ししてみるのも良いかと思います。
煙や香りの少ないお線香もありますから煙や香りが気になるという方もいらっしゃるでしょうからお墓参りの際以外にもご自宅の仏壇で使用する際には煙や香りの少ないお線香が良いかもしれません。

Copyright(C) 2013 大事な方を守るもの All Rights Reserved.