墓石磨き

生前にお墓に戒名を書くにはどうしたらいいの?

最近では、生前にお墓を購入される方も増えてきているようですね。
先祖代々のお墓ではなく、自分のお墓を持ちたいという方が多くなってきているのではないでしょうか。

「戒名」というのは、ずっと昔には、修行を納めた出家者だけが得られるものだったのだそうです。
今では、戒名は一般的に得られるものになっていますよね。

墓石に戒名を彫刻する場合は「没年月日」と「享年」を一緒に彫刻するということが一般的です。
俗名を彫刻される方もいらっしゃるかとは思うのですが生前の名前は彫刻しない、という方も多くなってきています。

そもそも「戒名」というものがどういったものなのかをご存知でしょうか。
「亡くなったときに与えられる名前」
「お墓に入るための名前」
という風に捉えている方も多いようですね。

戒名に関する知識がないことで「戒名をつけると言われ数十万円も支払わされた」などと言われてしまうケースもあるようです。
「戒名」というのは、本来は生前に与えられるものなのですが現在では亡くなったあと、与えられるものという風になっています。

戒名というのは、宗派によって呼び方が違います。

・天台宗
・真言宗
・浄土宗
・曹洞宗
・臨済宗
では、「戒名」と呼ばれているのですが
・「浄土真宗」では「法名」と呼ばれています。

みなさんのご家庭では、「戒名」「法名」のどちらかご存知でしょうか。
戒名とうのは、一般的にはあまり馴染みがないものですよね。

戒名は、「葬儀」「お墓」「位牌」などで使用されるものです。
普段の生活の中で戒名が必要になることはないためほとんどの方が亡くなったあとに与えていただくのです。

生前に、自分のご遺骨が納骨されるお墓がしっかり決まっている場合や自分のお墓を立てるという場合には生前に戒名をいただき、お墓に彫刻しておくという方もいらっしゃいます。
生前に戒名をいただきたい場合は「受戒会」「帰敬式」「おかみそり」などの儀式を通し寺院でいただくことが可能です。

Copyright(C) 2013 大事な方を守るもの All Rights Reserved.